取締役にはなれません

合同会社を設立しても取締役にはなれません

会社の取締役に就任したいと思ったときに、合同会社ではそれができるのでしょうか。合同会社はシンプルな組織として設立ができますから魅力的だと考えている人は多いと思いますが、肩書きはどのようになるのでしょうか。設立する前にこのような点について把握しておくことが必要でしょう。
ここで注意しておかなければならないのが、取締役という言葉についてです。この言葉は経営を行う人という意味を持っているように思われがちですが、実はこれは株式会社の組織における役職です。ですから、株式会社を作ったのなら就任できますが、株式会社以外の会社を作った場合には、別の呼び方がなされます。

合同会社の場合、経営を行う人と出資をする人とが同じです。株式会社の場合には、出資者は株主となり、経営を行う人は取締役になります。零細企業などでは両方を兼ねることも多いですが、基本的には異なったものだと考えておかなければなりません。
これに対して合同会社の場合には出資する人と経営を行う人が同じです。一人の場合もありますし複数の場合もありますが、基本的には出資する人が経営を行うというのが合同会社です。この両方を兼ねる人のことを社員と呼びます。社員と言っても、雇われて働く人という意味ではありません。雇われて働く人のことは従業員と呼んで別のものとして扱うのが一般的です。
社員の中で代表権を持つ人のことを代表社員と呼びます。一般的に社長と呼ばれる人だと考えれば良いでしょう。基本はすべての社員が経営に参画することになっています。定款での定めがあれば特定の人のみが経営判断を行うこともできます。このような点が特徴の一つだと言えるでしょう。

何となく「代表取締役」という肩書きにあこがれる人は多いと思いますが、これは株式会社を設立しないとできないことだと考えておいた方が良いでしょう。合同会社では、社長は「代表社員」と呼ばれることになります。従業員を代表して何かを行う人のようなイメージを持ってしまって、あまりかっこうよくはないと思う人もいるでしょう。そのために合同会社の設立を避ける人がいるかも知れません。
ただ、これは表面的なことでしかありませんから、あまり気にする必要はありません。肩書きを名乗るときや名刺に肩書きを印刷するときに「代表社員」を用いるのが嫌なのであれば、たとえば「CEO」などと書いておけば社長であることたいていの人が分かるでしょうから、こだわる必要はないのです。